アニヤ青空:日本のラーメンエチケットのクイックガイド

ラーメンは、すべての観光客が愛する日本で最高の快適な料理の1つとして知られています。毛布は別として、寒い季節に同行するのに最適な食事です。最高の食材を使用し、細部にまで気を配り、細心の注意を払って調理されているため、食べる価値はさらに高まります。

しかし、日本にいるときは、ラーメンを注文するのは怖いです。食事は国で作成されたため、料理を消費する際に従う必要のある行動規範があります。あなたのような初めての観光客にとって、これはあなたが楽しむために別の食べ物を選びたくなるかもしれないことに圧倒されるかもしれません。

ここアニヤ青空では、地元の人のようにラーメンを楽しむためのコツをご紹介します!それらのいくつかの場所:

すぐに調味料を入れていない

日本ではラーメンを食べたときに心に留めておくべき最も重要なリマインダの一つは、すぐにスープにスパイスやソースを追加することを避けるためです。これは、シェフがあなたのために用意したものが十分ではないという誤った印象を与えるため、失礼と見なされます。 

ですから、料理を出すときは、味付けをする前に、必ずスプーン一杯のラーメンを食べるようにしてください。 

食べ物の共有なし

日本でラーメン店を見たことがあれば、座席が1人だけのものであることをおそらく観察したことでしょう。これは、国内では一般的にラーメンの共有が嫌われているため、一人一人が別々に注文する必要があるためです。

また、ラーメンの関節の中には、8人しか収容できないものもあります。したがって、大きなグループを連れてくることを計画している場合は、交代で行う必要があるかもしれません。

写真を撮るときは注意してください

ラーメンの写真を撮ることは禁止されていませんが、カメラで撮ったものに注意する必要があります。他のお客様やカウンターの後ろで働いている人の写真を撮るのは大丈夫ではありません。ただし、その場所をお土産として記録したい場合は、規則に違反しないように、最初に許可を求めることができます。

日本のいくつかのラーメン店では写真を撮ることが禁止されているので、カメラを使い始める前にまずルールを知っておいてください。

好きなだけ

丸呑みするほとんどの文化で丸呑みが失礼で不適切であると考えられている場合、それは日本では褒め言葉です。それはあなたが心からあなたの食事を楽しんでいるというメッセージを送り、あなたが彼らがあなたに提供したものに感謝していることをサーバーに知らせます。また、麺の味が良くなるので、麺を丸呑みすると風味が増すと考えられています。

丸呑みは麺を冷やすのにも最適な方法なので、食事を終えるのに時間がかかりすぎません。ラーメンは早く食べられるので、心ゆくまでどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。